沖縄風俗で貴方が主人公となる

好き過ぎるだけなら大丈夫

依存症の症状を聞くと、自分もそうかもしれないと思うことありますよね。
インターネットも大好きだし、テレビも好き、お酒も毎日飲んでる、そんな人はたくさんいます。

依存症は、それをせずにはいられない、ないと不安になる。
お酒だったら際限なく飲んでしまう、などです。
やめたいのにやめられないのです。
脳が欲してしまっているのですね。

まさかそんなことまで依存症があるの? というものに、セックス依存症があります。
これも、セックスをしないといられないくらいの人のことをいいます。
単に、セックスが大好きという程度ではセックス依存症とは言えません。
幼少期のトラウマや、精神的になんらかのショックを受けたことのある人にそういった症状があらわれるようです。

何人かのハリウッド俳優や、有名人が自分がセックス依存症であることを告白しています。

誰だって、好きなものはあります。
そして、ちょっと度がすぎるくらい好きなもの。
夢中になってしまうものもあります。

ほとんど場合は依存症かもしれないと心配する必要はないとは思いますが、生活に支障がでてくるようでしたら、一度誰かに相談してみるといいかもしれませんね。

インターネットなら、たまには携帯電話を持たずに外出してみるとか、お酒も週に一度休肝日をもうけるなどして、自己チェックしてみるのもいいかもしれません。